忍者ブログ

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

経年変化ですが、ブライドルとマットーネはどちらが良いのでしょうか?

高級天然皮革の経年変化を楽しみして

長財布を購入する方は、多いようですね。



経年変化とは、天然皮革が使い込まれることで、

繊維が柔らかくなり、革に光沢感が出てきて使いやすくなることです。


別名「エイジング」なんって呼んだりしますよね。


経年変化は、革の表面にあまり加工せずに

革本来の良さを活かすからこそ、経年変化するとも言えます。


つまり逆に、婦人用の長財布ように、

革の表面にエナメル加工をして綺麗に見せるとします。


そうすると、革本来の持ち味は、一切なくなり、

キレイなエナメルの光沢感だけが特徴となってしまいます。

これでは、経年変化しません。


どちらが良い・悪い、ということではありません。

商品として好みの問題になりますので。


ココマイスターの長財布は、革の性質を活かし、

経年変化を楽しむため、前者の革を活用する方法に重点を置いています。


では、ブライドルレザーとマットーネはどちらが経年変化するのでしょうか?

これに答えるとすれば、

マットーネのほうが経年変化する、と言えるのではないでしょうか。


ブライドルは、牛ショルダー部位の硬くて強靭な革です。

使い込めば繊維は柔らかくなり、染み込ませてあるワックスで、

光沢感が出てきます。


ですが堅いハード系の革ゆえに、あまり変化が見られないということも有ります。

マットーネは、

元々の革繊維が、ブライドルよりも柔らかいです。


なので、使い込む内に経年変化する、

その変化の度合いが大きいと言えます。


堅い革と、柔らかい革、どちらが良いのか?

という好みになります。


もちろん、ブライドルは全く経年変化しないというわけではありません。

あくまでマットーネとの皮革では、変化が緩やか、

というだけです。


でも、日本ではブライドルの人気が総じて高いようです(^^)
 ↓ ↓ ↓
ココマイスター長財布の価格を見る
 
 
 
 
 
 
PR

【再販】ブライドル・インペリアルウォレット。100万円札をすっぽり!

2013年9月27日(金) 21時スタート!

100万円がスッポリと入る大容量で有名な、

ブライドル・インペリアルウォレットの再販情報です。




ブライドルシリーズは、総じて品薄が続いていて、

また、入荷してもすぐに売切れてしまうのが特徴です。


なぜでしょうか?

人気だから?

まぁ、人気だということもあるのですが、他の理由が有ります。

それは、生産量が少ないということです。


ブライドルレザーは、ご存知のように牛ショルダー部位の強靭な硬い皮

馬具にも使用されていますよね。

そのショルダー革をロウ漬け(ワックス漬け)にして、

さらに革の繊維を強くしています。


この工程が長いので、革自体が多く仕入れることが出来ません。




また、

硬くて強靭な革なので、

職人さんの手づくり縫製では、

大量に生産出来ないんです。


だから、ブライドルレザーは、

人気&少量生産で、すぐ売り切れとなってしまうようです。


強靭な革だからこそ、最初は硬くて使いにくと感じますが、

経年変化で、すぐに革質が柔らかくなり、

馴染んでくるので、心配ありません。




100万円すっぽり入る大容量の長財布は、

迫力ありますよね。


再販ですが、すぐ売り切れてしまうので、ご注意ください。

ご興味あれば、21時までには無料のココマイクラブに登録しておくことを

強くオススメします。

購入プロセスが早くなりますので(^^)
 ↓ ↓ ↓
ブライドル長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 

【再販】ブライドル・グランドウォレットは硬い馬具革で一生モノ長財布

2013年9月13日(金)21時
ブライドルは、生産本数が少ないので

人気ランキングには登場しませんが、

売切れる速度でいうと、圧倒的に1位になるのかもしれません。



そのブライドルシリーズの

ブライドル・グランドウォレットが再販される情報が来ました!


グランドウォレットと言う長財布は、

ラウンドファスナー型の長財布です。


長財布は大きくわけて2種類あり、

ラウンドファスナー型と、

見開き型(ファスナー無し)とあります。


まぁ、好みは人それぞれですが、

私はラウンドファスナー型の安心感が好きです(^^)


ブライドル革の事はご存知でしょうから、

詳細な説明は割愛しますが、

馬具にも使われるという、強靭な牛ショルダー部位の革です。



特徴は、ワックス(ロウ)漬けの粉が

革表面に浮き上がっていることです。


夏はワックスが溶けている状態なので、比較的、粉は目立ちません。

冬になると、ワックスが固まりやすいので、粉が多く見られます。

いずれの場合も、使い続けると粉はとれ、

光沢を増すように経年変化していきます。


最後に、なぜブライドルは生産数が少なく、

常に売切れになっているのでしょうか?


それは、革の仕入れと縫製にあります。


ブライドルレザーにしあげるまで時間がかかるので、

仕入れが難しいみたいですね。



また、硬くて強靭な革なので、

手作りの縫製では、手間がかかり時間がかかるんです。


ですから、生産数が少なくなってしまう。

まぁ、手づくりですから、仕方のない事です。


そのブライドルレザーが再販するので、

この再販情報を待っていた方は多いことでしょう(^^)


売り切れる前に、無料のココクラブに登録しておくと、

購入が素早く出来て良いですね!
 ↓ ↓ ↓
ブライドル長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 

【再販】ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット。オリーブ色

2013年9月4日 21時

おなじみの再販情報をお届けしています。

今回は、ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットですね。



ココマイスター長財布で1種類しかない、

ボタンが沢山ついている、ボタン式の長財布です。


これは、人気の3位〜4位に位置しているのではないでしょうか。

だいたい、いつも売切れになる定番です(^^;


この情報を書いている時点では、

ライトグレーのみ在庫ありで、他の6色は全て売切れです。


今回の色は、オリーブ色のみ。

1色のみ、在庫を投入するようです。


オリーブは、ボルドーと並んで人気の色で、

ココマイスターの口コミ評価を見ると、

女性の購入が多いように思います。


なぜ、女性が好む色がオリーブなのでしょうね?

ボルドーは赤っぽい色なので、女性が選ぶのは分かるのですが。。。


分かりませんが、オリーブは人気です(^^)



そして、なんといっても女性に人気なのは、

手触りですよね(^^)


ナポレオンカーフは、生後6ヶ月以内の仔牛革。

このカーフ革にオイルをたっぷり染み込ませ、

サンドペーパーでヤスリをかけます。


だから、バックスキンのように起毛しているので、

仔牛の柔らかさと相まって、独特の心地よい手触りです。



これが病みつきになって、ナポレオンカーフシリーズを

チョイスする人は多いですよ(^^)


何はともあれ、人気の長財布ですから、

ご興味あれば、売り切れない内に購入すると良いでしょう。
 ↓ ↓ ↓
ナポレオンカーフの詳細を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【再販情報】マットーネ・オーバーザウォレット細革の折込み長財布


再販! 2013年8月29日(木) 21時

ココマイスターのマットーネ・オーバーザウォレット、

ようやく再販情報がきましたね。


ココマイスターで唯一の折り込みデザインの長財布ですから、

待っていた方は多いのではないでしょうか?


ココマイスターの長財布は、

一枚皮で作られていますが、

マットーネ・オーバーザウォレットだけは細い皮革の折り込みです。


このデザイン性というか、繊細で上品な感じが

女性にも人気のようです。


マットーネ・ラージウォレットは、

メンズとレディースは、全く同じものを販売しています。

つまり、ユニセックスなんですね。



マットーネ・オーバーザウォレットは、人気のため、

長らく在庫切れでした。


購入したくても購入出来な長財布、ということですね。


いつものことですが、

たぶん、28日に再販開始となり、

ものの10分程度で売切れてしまうのではないか?

っと思っています。


購入ボタンをクリックしても、

素早く購入し終えないと、たぶん、手に入れる事ができないほどです。



ココマイスターの人気商品って、

いつもそうなんですよね(^^;


事前にココクラブで無料登録し、

あとで個人情報入力の手間を省くようにすると

素早く購入できますよ(^^)
 ↓ ↓ ↓
マットーネ・オーバーザウォレットの価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 

リンク

---