忍者ブログ
Home > メンズ長財布

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

経年変化ですが、ブライドルとマットーネはどちらが良いのでしょうか?

高級天然皮革の経年変化を楽しみして

長財布を購入する方は、多いようですね。



経年変化とは、天然皮革が使い込まれることで、

繊維が柔らかくなり、革に光沢感が出てきて使いやすくなることです。


別名「エイジング」なんって呼んだりしますよね。


経年変化は、革の表面にあまり加工せずに

革本来の良さを活かすからこそ、経年変化するとも言えます。


つまり逆に、婦人用の長財布ように、

革の表面にエナメル加工をして綺麗に見せるとします。


そうすると、革本来の持ち味は、一切なくなり、

キレイなエナメルの光沢感だけが特徴となってしまいます。

これでは、経年変化しません。


どちらが良い・悪い、ということではありません。

商品として好みの問題になりますので。


ココマイスターの長財布は、革の性質を活かし、

経年変化を楽しむため、前者の革を活用する方法に重点を置いています。


では、ブライドルレザーとマットーネはどちらが経年変化するのでしょうか?

これに答えるとすれば、

マットーネのほうが経年変化する、と言えるのではないでしょうか。


ブライドルは、牛ショルダー部位の硬くて強靭な革です。

使い込めば繊維は柔らかくなり、染み込ませてあるワックスで、

光沢感が出てきます。


ですが堅いハード系の革ゆえに、あまり変化が見られないということも有ります。

マットーネは、

元々の革繊維が、ブライドルよりも柔らかいです。


なので、使い込む内に経年変化する、

その変化の度合いが大きいと言えます。


堅い革と、柔らかい革、どちらが良いのか?

という好みになります。


もちろん、ブライドルは全く経年変化しないというわけではありません。

あくまでマットーネとの皮革では、変化が緩やか、

というだけです。


でも、日本ではブライドルの人気が総じて高いようです(^^)
 ↓ ↓ ↓
ココマイスター長財布の価格を見る
 
 
 
 
 
 
PR

【再販】ブライドル・インペリアルウォレット。100万円札をすっぽり!

2013年9月27日(金) 21時スタート!

100万円がスッポリと入る大容量で有名な、

ブライドル・インペリアルウォレットの再販情報です。




ブライドルシリーズは、総じて品薄が続いていて、

また、入荷してもすぐに売切れてしまうのが特徴です。


なぜでしょうか?

人気だから?

まぁ、人気だということもあるのですが、他の理由が有ります。

それは、生産量が少ないということです。


ブライドルレザーは、ご存知のように牛ショルダー部位の強靭な硬い皮

馬具にも使用されていますよね。

そのショルダー革をロウ漬け(ワックス漬け)にして、

さらに革の繊維を強くしています。


この工程が長いので、革自体が多く仕入れることが出来ません。




また、

硬くて強靭な革なので、

職人さんの手づくり縫製では、

大量に生産出来ないんです。


だから、ブライドルレザーは、

人気&少量生産で、すぐ売り切れとなってしまうようです。


強靭な革だからこそ、最初は硬くて使いにくと感じますが、

経年変化で、すぐに革質が柔らかくなり、

馴染んでくるので、心配ありません。




100万円すっぽり入る大容量の長財布は、

迫力ありますよね。


再販ですが、すぐ売り切れてしまうので、ご注意ください。

ご興味あれば、21時までには無料のココマイクラブに登録しておくことを

強くオススメします。

購入プロセスが早くなりますので(^^)
 ↓ ↓ ↓
ブライドル長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ココマイスター銀座一丁目店が2013年8月28日に新規オープン!

ココマイスターの銀座店といえば、

あまりの人気に混雑がすごくて、

その割に売り場面積が広くなかったので、いったん閉店したところですよね。



そしていよいよ、8月28日に

売り場面積を広く確保して、

新規オープンとなりました!


新しいお店ってワクワクしますよね(^^)

ココマイスターの公式サイトを見ると、

銀座一丁目店の詳細はまだ決まっていないようです。


詳細というのは、

電話番号や、住所などの基本情報ですね。


営業時間は決まっていて、11時〜夜の20時までとなっています。

会社を終えて、帰り道に立ち寄れるようにとの

配慮した時間となっているみたいです。


また、ココマイスター全店に言えることですが、

実店舗からの配送は一切行っていないので、

その場に在庫があるものを持ち帰るという購入方法になります。



予約して配送というのは、

Web上にある公式サイトで申込、ということですね。


まぁ、予約は受けてないのですがけど(^^;


ココマイスターは、デパートなどへの卸売を行っていません。

これは、手数料の問題で、

直販にこだわって安く販売しているようです。


なので、実際に手にとって商品を見ることができる実店舗っていうのは、

直営店のみです。


実物を見ることができるという点では、

貴重な実店舗ですよね。


私は東京から遠いので、

行くことができません(泣)


近い方は、いいな~


そういえば、ココマイスター公式サイトは、

最近在庫が増えつつ有り、

売切れで購入できないということはないようです。
 ↓ ↓ ↓
ココマイスター長財布の価格を見る>>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ココマイスターは、なぜ何時も売切れなのでしょうか?

ココマイスターの長財布を購入しようと、

ココマイスターの公式サイトへアクセスしたら、ほとんど売切れであった。




こんなことが多いのではないでしょうか?

欲しいデザインや欲しい革の長財布が、

購入したくても購入できない。


本皮製品ならでは、なので仕方ないですね。


いつも売切れなのには理由があります。

それは、人気で売れているから売切れという単純なものではないようです。


ココマイスターは高級皮革を

ヨーロッパから輸入しています。


このヨーロッパの最高級皮革の供給状態が不安定で、

一度切らしてしまうと、皮革の手配に半年必要な場合もあるようです。


革の仕入れって難しいみたいですね。


さらに、革が仕入れられても、

そこから日本の職人さんが革をカットして、

縫製作業に入る。



ここも革の個体差似あわせて丁寧な仕事をしますから、

大量生産のように、チャキチャキは長財布が出来上がってこないんですよね。


結果、売切れの長財布が出来上がってくるまでには、

結構な時間が必要となるらしく、

だいたい売切れの場合が多いみたいです。


もし、お気に入りの長財布があれば、

売り切れないうちに購入しておくと良いですね。


14日以内ならば返品可能ですから。


たぶん、

売切れになると、

その後手に入れることができるのは、

1ヶ月〜2ヶ月後になることが多いみたいです。


詳しくは、ココマイスター公式サイトへアクセスすると良いでしょう。

>>ココマイスター公式サイトへGO!
 
 
 
 
 
 
 

【再販売】マットーネ・オーバーザウォレット、ラウンドファスナー付き

マットーネ・オーバーザウォレット


あの売り切れ続きで人気のマットーネ・オーバーザウォレットが

再販売ということです。

2013年6月27日 21時〜

今までの経験から、

たぶん、10分以内には全て売り切れてしまう事が予想されます。


いや、10分持つかな。。。(泣)

もしかしたら、もっと早く売り切れる可能性もあります。


っというほど、

人気なので、この時を待ち構えている人って、多いのではないでしょうか。

▼公式サイトへGO!▼



私は前々回に、幸運にも手に入れる事ができましたので、

今回は買うつもりは無いですが。


それにしても、欲しいのに購入できないって、しんどいんですよね。

買いたくても、買えない。


実際に、購入プロセスを終えるまでは、

ドキドキして、素早く購入することだけを考えていたことを思い出します。



ですから、

予めココクラブで名前や住所などを登録しておくのは必須ですよね。


購入し始めてから、

住所とか、名前とか入力するつもりの方がいたら、

事前に登録することをオススメします。


事前に登録しておかないと、

たぶん、間に合いません。

たぶん、購入出来ません。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
マットーネオーバーザウォレットの価格を見る
 
 
 
 
 
 
 

リンク

---