忍者ブログ
Home > > [PR] Home > メンズ長財布 > ココマイスター長財布の使用感はどのような感じですか?

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ココマイスター長財布の使用感はどのような感じですか?

ココマイスターの長財布は人気があるのは分かりますが、

どのような使用感なのか、気になりますよね。



まず、ココマイスターをご購入された多くの方が

一応にして言う言葉は、

革の質感がイイ、ということです。




もちろん、

ココマイスターはヨーロッパから最高の皮革を輸入し、

日本の職人歴30年以上の方々が作り上げていますから、



素材といい、製法といい、

良くない訳がありません。




でも、手にすると、

その質感に驚くようです。




そして、革のニオイ。



オール本皮といっても、

ヨーロッパの高級皮革ですから、

ニオイも高級ということなのでしょうか。





例えば、人気のコードバンですが、

その革は、馬から造られます。




しかも、上質なごく一部を使うので、

非常に高価。




さらに、ロウ漬けにしたり、

ロウをスプレーしたりという皮革は、

日本ではお目にかかれないですよね。




ロウを使うことで、

革の繊維を強くするそうです。




だからこそ、一生ものといわれる

メンズ長財布なのでしょう。




内側の作りにおいても、

お札が100枚余裕で入るたっぷり感。




つまり、100万円を束で入れる事ができるということですよね。


中身があるかどうかは別ですが、

その内容ゆえ、成功者の長財布と言われる所以です。




成功者になりたければ、

まず形から。



その形とは、お金の出入りするお財布、

長財布を手にすることだとも、言われています。


非常に精神論のようですが、

その気になる、というのは、成功するのに重要だと思います。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

リンク

---