忍者ブログ
Home > > [PR] Home > ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット > ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットは傷つきやすいのでしょうか?

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットは傷つきやすいのでしょうか?

最近特にファンが増えているのが、

ナポレオンカーフ革ですよね。



あっ、ナポレオンカーフってどういう革なのかご存知ですか?

生後6ヶ月以下の仔牛の革を、カーフと呼ぶらしいです。


そのカーフ革をオイルドヌバックにして、

オイルをたっぷりを染み込ませています。


なんか、想像つかないですね(^^;


そして、そのオイルドヌバックをサンドペーパーで起毛させている、

それがナポレンカーフです。


起毛というのは、バックスキンみたいな感じです。


ココマイスターでも唯一の起毛革を使った長財布ですね。

さわり心地がすごく良く、特に女性に人気です。


メンズも、レディースも同じデザインなんです。



ボタンが付いていて、見開きになるという

ちょっと変わったデザインです。


他社では、このようなデザインは見たことがありませんので、

ココマイスターのオリジナルなのではないでしょうか。


さて、ナポレンカーフは、傷つきやすいと言います。

オイルドヌバックを起毛しているので、キズが目立つんですね。


でも、オイルがたっぷりですから、

多少のキズであれば手でこすることで、オイルが移動し、

キズが無くなってしまいます。


それに起毛ですから、革の表面だけがキズに見えるだけで、

下地まで達するキズはめったにないと思います。


ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットを始めてみた時、驚きました。

ココマイスターの公式サイトで写真とかで見ると、

イメージ的に小さい感じがしたんですね。


実物は、思っていたよりも、デカイ!(笑)

小さなバッグといっても、いいほどの大きさなんです。



何でも入ってしまいそうで、便利ですよね(^^)


ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットは、

人気なのでだいたい売り切れていて、手に入れるのが難しいので、

在庫がある場合は、すぐ購入しておいたほうが良いでしょう。


次に購入するう機会があるのは、

たぶん、1ヶ月以上後になると思いますので。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ナポレンカーフ・アレクサンダーウォレット

 
 
 
 
 
 
 
 
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

リンク

---