忍者ブログ
Home > 記事一覧

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ココマイスター購入ブログでは、どのようなレビューがありますか?

ココマイスターを購入した方が、

ブログで色々なレビューを書いてくれていますよね。



どんなレビューが多いのでしょうか?



やはり、商品を実際に購入して、

よかった!うれしい!っという

レビューと言うよりも、

購入できたという満足感が優先しているという感じです。




その訳はよく分かります。




ココマイスターは、長らく売切れが続き、

中々再販売してくれないので、

買いたくても手に入らないから、

購入できたこと自体がうれしいのですね。




そして、次に言えるのは、

長財布の中でも、ジッパー付きが圧倒的に人気ということです。




ブライドル・グランドウォレット又は、マットーネ・ラージウォレットが

ジッパー付きで人気です。




最近は、カードなどの枚数も多く持ち歩きますよね。



そこで、

ジッパーが付いていないと、

滑り落ちてしまうのではないか、っという不安があります。





ジッパー付きならば、

知らぬ間にカードが落ちてしまうという心配は、

一切不要です。




その安心感から、

ジッパー付きの長財布を購入するのでしょう。


ただ、

色々な方のブログをみると、

長財布にジッパー付きはかっこ悪い。




っという価値観の方もいらっしゃるようです。

まぁ、この辺りは好みなので、

どちらでも良いでしょう。
>>長財布の価格はコチラ
 
 
 
▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PR

メンズ 長財布のコードバンはどのような特徴がありますでしょうか?

ココマイスターのコードバン、

大人気ですよね。



価格は高いですが、売れ筋です。




コードバンを一言で言い表すと、

あらゆる意味において、「ダイヤモンド」といえます。




特にその強度、希少性から来ている例えですね。




コードバンは、馬の皮で、

馬具に使用されるほどの頑丈さです。




そして、硬いのにきめ細かいという

他の革にはない特性なんです。




しかも、

牛の3倍の強さという本皮。




それは、ロウを塗りこんでいるからなんですね。

ですから、

使い始めは、

白い粉が吹いている状態です。




その白い粉はロウですから、

使っていく内に、すぐに取れて表面に光沢が出てきます。




また、

コードバンは頑丈な分、

最初は固さを感じるかもしれないですが、

スグに馴染んでくると言います。




キングオブレザー、

っと言われるコードバン。




細工が施していない為シンプル。

だからこそ、一生ものと言われる所以です。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ココマイスターのマットーネはヌメ革の長財布なのでしょうか?

ヌメ革で作った長財布っていいですよね。

光沢があり、手触りも最高です。




そのヌメ革で作った長財布が、

ココマイスターのマットーネというシリーズになります。




ココマイスターの中でも人気の商品のようです。



植物の渋がありますよね。

柿の渋や、お茶の渋。




この植物由来の渋のみを使って、

皮をなめすという手法がヌメ革になります。




ですから、

表面加工は一切していないので、水に弱いとされています。


購入した当初は、です。




なぜ、当初かというと、

使っていくうちに、手の油が染みこんでいくんですね。




そうすると、

その油脂がコーティングになり、

水を弾いてくれるようになる、という訳です。




ココマイスターの中でも、ヌメ革は、

経年変化を堪能できる本皮長財布と言えます。




皮がどんどんと、

使う年数ごとに変化して、

光沢を帯びて味がでてくる、

っということです。
>>長財布の価格はコチラ



▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 

常時売切れのココマイスター長財布ですが、いつ販売再開するのでしょうか?

ココマイスターって、

いつも売切れの表示になっていますよね。




一体、いつになれば、

販売再開を行うのでしょうか?




3万円だろうと、

5万円だろうと、

ココマイスターのメンズ長財布が欲しい、プレゼントしたい。




こんな方は沢山いると思います。

でも、売切れで、購入できない。




ココマイスターの公式サイト、

トップページを見ると、

販売再開した製品については、告知を行なっています。




ココを見ることによって、

○月○日の○○時~Aという商品が販売開始になる、

という情報を知ることができます。




ただ、

ここのところの在庫切れの品薄感は、

相当ひどいもので、



夏までには、解消されるのではないか、

っと、通販担当のお姉さんが電話口で教えてくれました。




そうすれば、

ココマイスターのどのページを開いても

「職人製造中」ではなく、

ちゃんと購入できるようになっているのだと思います。




このブログでも販売再開の商品、

日時などを随時公開していますので、

ブックマークして、こまめに見に来て下さいね。




RSS情報を取得していただくのが

一番簡単ではないかと思います。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ヨーロッパの高級皮革を使ったメンズ長財布はありますでしょうか?

最高品質の本皮製品というと、

ヨーロッパを思い浮かべますでしょうか?




エルメスに代表されるように、

本皮製品の高級品、

ヨーロッパに多いですよね。




メンズ長財布で、

ヨーロッパの高級皮革を使った製品といえば、

ココマイスターが有名です。




その手触り、ニオイ。



最高の皮を輸入して、

日本の皮職人が丹精込めて長財布に仕立て上げる。




だからこそ、

手にとった時の質感や感触が違いますし、

一生ものといわれるほど長持ちするお財布になる。





さらに、エイジングといい、

経年変化で味のある皮が育てられ、

自分だけの独自の艶がある革製品になる。





ロウ漬けにして繊維を丈夫にした製品や、

オイル漬けにして、

滑らかさや柔らかさを求めたもの。




仔牛の皮や、

馬の皮。




皮も求めるものや、

用途によって様々な種類の使途があります。




それぞれの革の特性にあわせて

長財布を作っているココマイスターで、

ご自分にマッチした最高の1品を見つけたいですよね。




ブランド物のように、

単にネーミングだけで価格が高いだけではなく、

製品としての完成度はもちろん、

素材の高級さではダントツだから、安心です。
>>長財布の価格はコチラ



▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リンク

---