忍者ブログ
Home > 記事一覧

ココマイスター長財布・日本の熟練職人が作る皮革製品

欧州の希少皮革を直輸入し熟練職人が縫製する限定品

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ココマイスターの革製品で名刺入れはありますでしょうか?

名刺入れは、ビジネスシーンで相手の目に触れる機会が

多いですよね。





なので、

安っぽい名刺入れでは、



恥ずかしいですし、

ビジネスもうまくいかなくなるような気がします。




やはり、

ビジネスマンの小物の中でも、



名刺入れは商売道具なので、

ばっちりと本皮製品を持っていたいと、



多く人は考えるのではないでしょうか?




ビジネスシーンだけではなく、

異性との交流時にも、



名刺いれから名刺を出す仕草、

女性は割りとチェックを入れていると思います。




本皮製品であれば、

見た目スグ分かりますから、



好感度アップになるのではないでしょうか。




そんなココマイスターの名刺入れですが、

全部で、6種類の革にて造られています。




一番人気なのは、

コードバン名刺入れです。




ちょっとお高いですが、

その上品な雰囲気や重厚感は、



高級皮革だということを高らかに主張しています。




2位は、ブライドル名刺入れ。

ロウ漬けのホワイトパウダーが、



知らない人の興味をそそるので、

コミュニケーションが取りやすくなりますね。




ホワイトパウダーは、最初だけで、

取れてしまうのですが。。。。



3位は、起毛のナポレオンカーフ名刺入れです。

毛の立っている柔らかな革が人気の秘密なのでしょう。




ココマイスターの公式ページで、

本革の名刺入れ、じっくりと見て下さい。

>>名刺入れの価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
PR

ココマイスター革製品にキーケースはありますでしょうか?

ココマイスターは、本皮専門店ですから、

キーケースの革製品は、置いてあるのでしょうか?





ホームページを調べると、

マットーネ、ナポレオンカーフ、パティーナと3種類の皮を使った



キーケースがありました。




それぞれに、ブラック、やナチュラル、ブラウンなどの

色が用意してあります。



色別にみると、

全部で9種類のキーケースがあることになります。




キーをぶら下げるリングの数は4つで、

それぞれ違った長さのチェーンに繋がれています。




これは、鍵の大きさが違っても、

キーケースにキチンと収まるよう、

工夫されたものだそうです。




そして、キーケースもご多分にもれず、

売切れになっています。




買いたくても買えない状態なので、

キーケースの再販通知を待つしかないですよね。




最近、再販されるのは、

長財布が多く、



キーケースや他の革製品を見ない気がしますが、

気のせいでしょうか。




いずれにしても、待つしかないようです。
>>キーケースの価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ココマイスターのお手入れはどのように行えば良いでしょうか?

本皮のメンテナンス、

お手入れはどのように行うのでしょうか?



せっかく購入した大事な長財布なので、

しっかりとお手入れを行い、



末永く使いたいですよね。




お手入れは、

革の種類によって若干違うようです。




・コードバン・ブライドル

ロウ漬けにして革の繊維を強くしているタイプなので、

繊維からロウの白い粉が吹き出てきます。



ある程度使って落ち着いてくれば、

ロウは出て来ませんが、



お手入れとして行うのは、

粉を拭き取ることぐらいでしょう。




また、ブライドルはなめし革なので、水に弱く、

雨の日のために、

防水スプレーなどを使うとよいですね。




・マットーネ

マットーネの一番のお手入れは、日々使うことだと言われています。

つまり、手の脂が馴染んで、



脂が水や汚れから守ってくれるからですね。


なので、防水スプレーや、ミンクオイルなども効果的でしょう。




・ナポレオンカーフ

カーフ革というのは、起毛です。

革の毛があるので、革表面まで汚れが届くことはめったにありません。



ですが、

水がつくとシミになりやすいようなので、



防水スプレーを塗布しておくと良いでしょう。




また、防水スプレー自体がシミになることもあるので、

パッチテストを行うと良いですね。




・パティーナ

パティーナは加工していないヌメ革のことです。

ですから、水や汚れのシミが気になる方は、



防水スプレーやオイルを使用すると良いでしょう。



しかし、

シミやキズも革の持つ味になるので、



それほど神経質になる必要はないのではないでしょうか。




多くの方は、無加工の状態で、

経年変換を楽しんでいらっしゃるようです。





このように、ココマイスターの長財布のお手入れは、

製品に使っている革の特性によって、

変わってきますので、

ご参考にされると良いでしょう。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 

彼氏への誕生日プレゼントにオススメの長財布はありますでしょうか?

お誕生日に長財布をプレゼントするなんって、

オシャレですし、

彼氏は必ず喜んでくれることでしょう。




お財布に気を使わない男性って結構多いですから、

ココマイスターのようなきちんとした



本皮製品の長財布をプレゼントされたら、

うれしいはずです。




ずっと末永く使えますからね。

つまり、



その意味は、

ずっと末永く付き合って行きましょう、



ということに通じますよね。




商品としても、

そのプレゼントの意味としても



非常に良いプレゼントになると思います。





オススメはなんといっても、

マットーネ・オーバーザウォレットの

編み編み本皮ですね。




なんか上品なんですね。

チャックが付いているのが人気ですし、

非常に良いと思います。




これが売切れで購入できない場合は、

ブライドルシリーズです。




ロウ漬けにしてありますから、

ロウのホワイトパウダーが表面についているのが特徴です。




もちろん、

ホワイトパウダーは、

使っていくうちにすぐ無くなりますので安心です。




オススメといっても、

ココマイスターは、常に売切れなので、

再販した時が買い時で、

ほぼ商品は選べないという状態。




需要を満たす日が来るのだろうか?

ずっと在庫切れで、欲しくても購入できない。。。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 

GUCCIの長財布から買い換えるのにオススメはありますでしょうか?

GUCCIからココマイスターっていうのは、

どういう意味なのでしょうか?




GUCCIと言えば高級ブランド。

ココマイスターは、知る人ぞ知るという、

ある意味ほぼ、ノンブランド製品。




GUCCIというからには、使っている方は、

多分女性なので、

レディースの長財布ということなのでしょうか?




この理由はこのようなことです。

GUCCIの長財布を持っているのですが、



その商品に対するこの女性の評価は、

製品の質が3、

GUCCIという名前が7

という割合なのだそうです。




つまり、

名前ばかりがブランドで先行し、



実態の商品はあまり質がよく無い、

っということです。




まぁ、

あくまで個人の主観というか、

感想なのでしょう。




ところが、

ココマイスターは、その逆ですね。




ほぼノンブランドで

知られていないのだけれど、



最高の素材を使った本皮製品。




なので、

ブランド名よりも、



製品としての質感を優先させて

長財布を持ちたい、

というご希望ですね。




ごもっともです。


オススメは、

ハラコという牛の胎児の超やわらかい革を使った、

ヒョウ柄の長財布。



これは、ゴージャスで、

持っているだけで所有欲が満たされる

という製品らしいです。




私は持ったことないですんが。

それと、



マットーネ・オーバーザウォレットはメンズと共通で

男っぽいのですが、革を編みこんであり、

上品なので、女性におすすめです。
>>長財布の価格はコチラ


▼在庫切れにご注意下さい!▼
今スグ!アクセス!



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リンク

---